岡山の中古一戸建て物件の探し方

中古物件は、築年数による経年劣化は避けられませんが、基本的な建物の構造や防犯・セキュリティ面など譲れない部分はしっかりとチェックしてください。

中古一戸建てを購入する際のQ&A

中古一戸建てはどうやって探せば良いの?

インターネットによる情報探しと並行して、不動産会社に物件探しを依頼するとさまざまな情報を集めることができます。

複数の不動産会社に依頼した方が良いの?

たくさん依頼すると、それぞれの不動産会社から都度連絡が入るようになり、わずらわしいと感じるかもしれません。それよりも、自分の希望をしっかりと聞いてくれる不動産会社を見つけたほうが安心ですよ。

現地見学は週末でないとできないの?

現地見学は売主様のご都合によりますが、平日でも可能な場合もありますので一度相談をしてみてください。

購入可能な物件価格はどうやって計算すれば良いの?

頭金と月々支払うことができるローンの返済額から、借入金額を割り出します。物件サイトには、借入金額のシミュレーションがありますのでチェックしてみるのも良いでしょう。

購入に必要な諸経費にはどんなものがあるの?

主な諸経費には、仲介手数料や登録免許税、火災保険料やローン事務手数料などがあります。

立地を細部まで確かめる

男女

価格の安い岡山の中古一戸建てを購入しようか迷っている時には、山の近くにある物件の情報も細部までチェックしながら新しいマイホームを購入してください。山に近い物件は交通アクセスが悪いと考えてしまう人もいますが、岡山は山の近くに大きな道路が通っている事も珍しくありません。周りが山になっているので立地が悪いと考えながら物件の情報を探していると、本当にお得だと感じられる物件を見落としてしまう可能性もあります。おすすめなのは交通アクセスの良さを最初に確かめる事で、ショッピングモールや駅からの距離を確かめながら物件を比較してください。川が近くにあると大雨による被害に悩まされないか心配してしまう人もいますが、岡山は川の氾濫に対処するための工事を進めているエリアが多いのも魅力の一つです。大雨に怯えて川の近くにある物件を避けていると、お得さを実感できる物件を購入できないまま時間だけが過ぎていく事になりかねません。

騒音もチェックしておく

模型不動産イメージ一軒家

大きな道路に面している岡山の中古一戸建てを購入しようか迷っているのなら、いくつかの時間帯に分けて物件を見学してください。昼や夕方だけでなく夜中にも物件の周囲を見学する事によって、夜中に自動車やバイクの騒音が発生していないか確認できます。壁が薄い物件では近くをバイクなどが通るだけで騒音に悩まされて、夜中に熟睡できない日々が続く事になりかねませんから、騒音の有無を確かめる事は重要です。岡山の中古一戸建てなら壁の厚みなどの情報も細かくチェックできるので、静かに暮らしたいと考えている方々にも合っています。害虫被害の有無なども物件を見学するだけで確認できますから、気になった物件には何度か足を運んでください。

広告募集中